NEW POST

12/13 哀しみセット

a0157581_13443840.jpg
西日を受けてバラの実が輝く



ワタシが名付けた「哀しみセット」を使うのは もう何年振りだろう
最後に使った時のことは覚えている
大きな犬だった
国道の車の多く走っているところ 渡りきれなかったのだろう
片側車線の真ん中に横たわっていたから みんな避けて走ろうとするけれど
反対車線からも車がどんどん来て 軽い渋滞になっていた
みんなワタシがぶつけてしまったのだと思っただろう
違う  でもそんなことはどうでも良かった
必ず飼い主はいるはず 立派な犬だったもの
重くて持ち上がらなくて 端っこに寄せるのが精一杯だった
ここなら後から更にに轢かれてしまうことも無いだろう
ちらちらと車の中からこちらを見るけれど 誰一人止まらない そんなもんだ


外気温は3度だった 夕方18時50分
国道だ  車を停めておくと後ろからぶつけられそうだったから 近くのスーパーに停めて歩いた
1kmはあったかな 早く会いたくて遠さは感じなかった
車を走らせていたら きらりと2つの眼が光った
でもそれは横向きに体を横たえた不自然な恰好だ
人ならぶつけてそのまま逃げる人も少ないだろうに 動物は良いのか 平気なのか
怒りが込み上げてくる
20年近く必ずトランクに入れておく <哀しみセット> から使い捨ての手袋とビニール袋を取りだす
猫に近づき両手でそっと持ち上げる とその瞬間 涙が溢れた

< あたたかい・・>

頭を轢かれたか 即死だった
でもさっきまで確かに生きていた
その事実が哀しかった

偽善の気持ちは持ち合わせていないつもりだ
明日 朝陽が昇ればカラスが気づき きっと餌として食べてしまうだろう
それも良いのかもしれないと思ったりもする 食物連鎖
だけど それよりも <土に還したい> の気持ちのほうが上回っている
それだけだ
大きな猫だ 飼われているのかもしれない
一旦 街路樹の樹の根元に置いて歩き出したけど やはりと思い直し
歩道の隅の木々の袂の落ち葉を払い 土をあらわにしてそこへ置いた
それから沢山の落ち葉をかけた 見えないように

春になれば土に還ることができるかもしれない
それがいい それが一番いい
変わってる? それだけの気持ちなんだけどね


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村



トラックバックURL : https://amelia42.exblog.jp/tb/238078493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by f15eagle_coco at 2017-12-14 14:35
(合掌)

同じだぁ…。

私もねぇ、家に常備してあるんだ。
使い捨てのビニル手袋と、大きめのダンボール箱と
何度も使って洗って、人のにおいがついて、やわらかくなったバスタオル。
家の前で、使ったことがあるよ。
3回。
名前も知らない猫ばっかり、3回。

冥王星では、道路で死んだ猫は、
市役所に頼むと持って行ってくれるらしいんだけど
「燃やすゴミ」と同じ扱いで、清掃車のお仕事なんだって。
それを聞いたら(ああ…!)と思って。
道の上で死んだ猫は、人のせいで死んだに違いないのに
最後の最後がゴミ扱いだなんて。
たまらなかった。
  でも、その頃の私には、路上で死んだ生き物のために
  ペット火葬の費用(18,000円)は出せなかった。
だから、だったらせめて、
清掃車が来るまでの間…運ばれてしまうときのため
人(私)の手で箱に入れて、やわらかいもの、あたたかいもので包んであげたい、と。

ダンシャリ、ダンシャリ、余計なものは持たないぞ、と心がけて
なるべく身軽に暮らしたいとは思うけど
この「哀しみセット」(私もそう呼ぶことにしよう!)は
これからも、常備させておくよ。

「死んだ猫に情をかけてはいけない」なんて古い迷信があるらしいけど
しったことか。だよね。
少なくとも私は、タオルで包んだあの3匹の猫から何かされた覚えなんてないし、
なんなら今ウチにいる猫三姉妹は
あのときの猫たちの生まれ変わりかもしれないと思えば
ますます(いきてるいきてる。かわいいかわいい。)と抱きしめたくなるだけだ。

あめりあちゃん。
その猫は、最後の最後に、
あめりあちゃんの温かい涙と、あったかい手、やさしいこころを知って逝けたね。
死んでしまった猫には恩返しなんて出来ないかもしれないけど
そんなん、いらないよね。
そんなもんが欲しくてやってることじゃないもんね。
なんかね
(あ~、やっぱ、あめりあちゃんて、トモダチだぁ…)って思った。

外を生きた猫は、やわらかい土のベッドで
あめりあちゃんが掛けてくれた木の葉に守られて
風に吹かれて、おひさまに撫でられて、土に還るよ。
きっとそうだよ。

(合掌)
Commented by misa12155604 at 2017-12-14 20:48
小さな生き物でもひとつの命・・・。
土に還してやりたいですね!
可哀そうな猫ですが、最後に優しいameliaさんに葬られて良かったです。
木の葉のお布団で、やすらかに眠っていますよ・・・。
ameliaさん ありがとう!!
Commented by ハルパン at 2017-12-14 21:07 x
はじめまして。
いつも素敵な文章とお写真拝見させて頂いてます。

哀しみセット・・・私は運転席背もたれの裏ポケットにスーパーのビニール袋を用意しています。

先日は朝、先に出た夫から[XX交差点前に可哀想な仔が居たから気をつけて]とラインが。
渋滞して停まった自分の車の前に猫が倒れていました。
ビニール袋で掴み、道路脇の少し高くなった草むらの桜の木の下に横たえました。
大きな外傷は未だ無かったです。

予想外に軽いニャンコに涙が出ました。
ちゃんと食べられていたのだろうか?
お腹空いていたんじゃ無いかと。

翌朝その前を通ると、カラスが亡骸を啄んでいました。
何故か哀しみがスッと消えた感覚がしました。

カラスの血や肉になって空を飛べると。

勝手ですね。
Commented by amelia42 at 2017-12-15 08:18
ココちゃん

おはよう。
また朝から目が腫れぼったくなっちゃったよ 涙

否定は正直嫌だけど、共感してくれたり、そういうのもあるのかと
思ってくれる人がいるだけでいいやと思ってた。
だけど、同じ行動をして同じ思いを持っている人がいるというのが
最上級に嬉しくて。
そして、あの猫もうかばれるような気がしたよ。

ココちゃんも常備なんだね。これ、使わないに越したことないんだよね。
最近は無かったから、本当に久しぶり。嫌な久しぶり ね。
ココちゃんの家の前で3匹も!? またか って思うよね。
心が落ちるよね。どうして なんでって。
さっきまで映っていた世界が暗闇になってしまって、それが永遠。
土の匂いも風の音も聞こえない世界にいっちゃった。
人のせいなのにね。ごみ扱い。地球もそうよ。こっちもそう。
ごみに出すくらいならと、旦那っちに内緒で裏山に埋めた子も数匹。

3匹が還ってきて、ココちゃんの3姉妹になったのなら最高だ。
可愛さも3倍!

ありがとう。お日様と風、そして木の葉が力を貸してくれるね。
そうだよね。 涙

Commented by amelia42 at 2017-12-15 08:23
misaさん

おはようございます。
人も犬も猫も、草花だって物理的な形こそ違うけれど
命には何も変わりがないのに。理不尽です。
ワタシは地球から人間が居なくなればいいと思っています。
本当の意味で自然が訪れるんじゃないかって。
人は愚かです。ワタシも含めて。

misaさん ありがとう。
まだ温かくて、柔らかいふっくらとしたお腹を何度も
さすってあげました。
もしかしたら息を・・ なんて儚い思いだけど。
気持ち、共感してもらえて嬉しいです。
Commented by amelia42 at 2017-12-15 08:28
ハルパンさん

おはようございます。
お隣の県に、こんな素敵なパン屋さんがあったのかと知り
気持ちのベクトルがそちらへ向いています^^
そして見ていてくださって、ありがとうございます。

ハルパンさんも・・。こんなもの使わないのがいいに決まってます。
でも、道路に残された悲しい姿をそのまま見過ごすわけには
どうしてもいかないんですよね。あまりにも ね。
旦那さまも猫がお好きなのですね。
桜の木の下・・・花が咲きますね。桜の花びらが落ちる頃、
骨は土に還り、やっとほっとできるかもしれません。

カラスの血や肉になって空を飛べる

そうか、そうですね。その思い気づきませんでした。
勝手でしょうか。素晴らしいと思います。
そういう目、持ち合わせていなかった。
気づきをありがとうございます。
本当に。
Commented by ゆめ at 2017-12-15 10:32 x
あぁ、涙が止まらない。
あぁ、ありがとう、ありがとうという言葉も、違う気がするし、なんだろう、
この涙は何なのか、自分でもわからない。
わたしは小学生のころ、朝の登校の時そういう猫を端によせてハンカチをかけてあげて、気味悪がられたことがあったけど、それ以来は車を停めて気持ちをかけてあげたことは無かった。
うちに「ちぃ」がきてからは、そういう子に出会ったことはなかったけど、今出会ったら、自分は何が出来るのだろう…
いろんな気持ちの混ざった涙、みなさんのように本当の強い優しさを持った人になりたい。ここで、ameliaさんはじめここに集まる方々の行動を知って、すごく感動しています。
Commented by amelia42 at 2017-12-16 08:16
ゆめさん

おはようございます。
このことを書き、こういう行動をとるのが、ワタシ一人じゃなくてとても心強く感じました。
もちろん変人的な目で見る人が多いと思うのですが、ゆめさんが子供のころにされた行為は、真の優しさだと思います。
気味悪く思った人は、気持ちに寄り添うことが出来にくいんだと。
良いことだと素直に、少なくともワタシは思います。
今、そういう状況にあった猫に遭遇したとき、自分の思うにすれば良いのではないでしょうか。
心の声に従って。無理するところでもないと思うんです。
ゆめさん、やっぱりあのリボンの写真通り、素敵な方です。良かった。

Commented by yoko371230 at 2017-12-17 08:52
私の妹も同じことをしてます
やっぱり回りの目は気になるみたいなことを言ってました
でも信念を持ってる人は強いです!
あー!ここにもたくさんいた😃
うれしいです
そして、朝から泣いてます
ありがとうございます🌱
Commented by amelia42 at 2017-12-18 08:27
yokoさん

おはようございます。
妹さん、同じことされているのですね。
見てしまった以上、そのままでは置いておけない ただそれだけです。
周りの目、そうですね。気にならないと言ったらウソになりますが、
でもほんのちょっとです。ワタシは です。
悲惨な目にあった猫に比べたら、そんなの ヘ です。
yokoさん こちらこそ、ありがとう!
名前
URL
削除用パスワード
by Amelia42 | 2017-12-14 14:03 | 徒然 | Trackback | Comments(10)

庭のこと パンやお菓子のこと 日々の暮らしごと 3人の息子のこと


by amelia42