NEW POST

3/19 他界と温度差


a0157581_07251874.jpg


中学校同級生のグループLINEに訃報が入ってきたのが土曜日の朝のことだった
肺がんを患い苦しい闘病の末 4月の誕生日を待たず49歳で亡くなってしまった旧友
『お通夜はなく 友人との別れの時間とするから家を解放します』
『4時納棺 その後に来て下さいと家族から』
『告別式は月曜日 10時から○○で』
小学校のときからの遊び友達だったK 野球チームや部活も共にし 成人してもずっと付き合いがあったK
心情や事の次第を綴り 式の情報も載せてくれていた
ワタシは中学までの付き合いだったけれど 当時は話もしたし何より同じ小中学校
お別れの時間に出向くつもりで 実際にも夕べそうしてきた
記憶違いなのか
今でも地元に住んでいて小中学校も仲の良かったと思っていた あの人この人がみな口癖にどちらにも行かないと言う
『それほど付き合ってなかったから』が大半の理由だった
そうなのか そういうものなのか
ワタシは地元から少し離れたところに居る 付き合いも無かった
だけど小中が一緒で その時は普通にお喋りして笑ったりしていた
だからお別れの言葉を言ってあげるのは当然のことで それが当たり前だと思っていたのだけど他の人はそうじゃなかった
『あの人が行かないから私も』
なんて幼稚な言葉なんだろう
どうして自分が無いんだろう
この違和感 どこかで封じていた気持ちが湧きあがるのを覚えた
夕方6時前 ブルーグレイの空に赤色の絵の具を水で思い切り薄めたような太陽が
大きな円となり西の空に今にも落ちそうだった
それに向かってハンドルを握っていて その違和感の元を探ってが
しばらくして その元となるものが ああ あれだと気づくのにそう時間はかからなかったが・・
残念だ まことに残念 
でもワタシは行って良かった
辛かったね もう頑張ることないよと穏やかに眠る彼の顔に話しかけられて良かった
気さくなお母さんと昔のやんちゃぶりの話に盛り上がり 哀しさを一瞬忘れることもできた
幸い同級生4人にも会えて言葉を交わした
『早かったよね』
本当に その通り 早かった
今頃 お父さんと会えたかな・・・
安らかに 「なお」


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村



by Amelia42 | 2017-03-20 07:43 | 徒然

庭のこと パンやお菓子のこと 日々の暮らしごと 3人の息子のこと


by amelia42